自分史作品

自分史作品

『彷徨』
 昭和20年~30年、我が十代の告白

著者 酒井透
協力 河野初江

サポート内容
企画・構成、添削・推敲、執筆補助、校正、編集、印刷・出版コーディネート、全体管理
作成期間 10カ月
制作・出版 河出書房
頁数 216ページ
形式 上製本(自費出版)
表紙画 酒井純子
配布先 家族と友人、国会図書館及び郷土の図書館 等
価格 2400円(税別)

自分史『彷徨』ができるまで

どうしても書きたいことがあるんです。
あの日、あの時こそ、私が本当に生きた瞬間でした。80歳を超えた今、やはりその体験だけは書いておかねば…そう言って酒井さんは、これまでに書き溜めた何十枚もの手書きの原稿を私の前に積み上げた。何度も書き直し読み直したのか、鉛筆の文字がこすれて薄くなっている。

すぐにでも完成しそうですね、と私。

いいえ、このままではダメなんです。あまりに個人的なことをたくさん書いてしまったから…。匿名か、仮名にすればいいでしょうか、と酒井さん。

聞けば酒井さんは、十代だった昭和20年代に、これこそ日本を救うと信じ、共産党の細胞活動に身を投じたという。
山村工作隊として村々を駆け巡り、そして恋もした。その体験を赤裸々に綴って人に見せたところ、「このまま本にするなどもってのほか」と言われたのだという。

貴重な戦後の体験を埋もれさせてはいけない。匿名や仮名にせずとも、きっと良い作品になる!そう確信した私は、一緒にもういちど原稿を見直しましょう、と申し出た。こうして週に一度、酒井邸を訪れ、二人でテーブルをはさんで向き合い、原稿を見直す作業が始まりました。エピソードを見直し、表現を変えたり、新たな記述を加えたり…。そうすることで、次第に主題がより明確になり、伝えたいことがどんどん鮮明になっていきました。

見事な原稿に仕上がった、と感じた私は河出書房(河出岩夫代表)に出版をお願いしました。表紙画はそれまでの推敲作業をじっと見守り、応援してくださった夫人の純子さんにお願いしました。本作りの楽しみの一つは、表紙のデザイン選びです。
持参したデザインの中から酒井さんと純子さんは、迷わず「一生懸命だったあの頃らしく、エッジの効いた表紙がいいね」といちばん華やかな装幀を選びました。

河野と河出氏で、知恵を絞った本書の帯には
「握り締めたる拳を卓にたたきて
ヴ・ナロード!人民の中へ!
血潮たぎらせ 走り抜けた 情熱の曝露」

の文字が躍ります。

「情熱の曝露、いいじゃないか!」
酒井さん、夫人をみやって最高の笑み。

こうして酒井さんの自分史『彷徨』は完成しました。


『漆黒の海』
 母船式鮭鱒漁業船団航海記

著者 今田晴三
編集者 河野初江
制作協力 亀書房
頁数 本文244ページ
サイズ 四六判 上製本

海の男の貴重な記録

昭和62年の師走、30年の永きにわたって鮭鱒漁業の母船として活躍した仁洋丸が解体されることになり、著者は解体に向けての最後の出航を見送り、消えゆく船の姿を目に焼き付けます。本書は、その今田さんが、若き日にこの仁洋丸に乗り込み、洋上に浮かぶ工場の工場長として苦闘した日々を書き綴っています。

出航すれば1年は戻れないという仕事。独行船がめいっぱい操業し、大量に処理できないほどの魚が母船に運びこまれてきます。量を誤れば、母船はたちまち沈没する!その危険と隣り合わせで母船はぎりぎりまで魚を受け入れ、解体処理をします。その判断はすべて工場長に委ねられており、受け入れる、と決めたあとは歯をくい縛って処理解体を敢行するのみ、という壮絶な戦いが待っています。

戦後、このようにして豊富な蛋白源を私たちにもたらしてくれた遠洋漁業も、やがては200マイル専管水域の設定によって衰退していき、今やそこで働いた人々の記憶の中にしか存在しなくなりました。今田さんは、その貴重な体験を、出航から帰港まで、日々記録していたかのように克明に書いておられましたので、構成は確かでしたが、雹(ひょう)や霰(あられ)など、気候を表す難しい漢字や地名、寄港する港の名前がたくさん出てきて、ルビ無しではいささか読みにくいと感じました。また、改行少なくびっしり書いておられたので、そのあたりを中心に手直しをしましたところ、ご家族にもたいへん読みやすくなったと喜んで頂きました。

65歳の定年を機に執筆し、50冊印刷しましたが、その後、ご夫婦で海外旅行にいくたび親しい友人ができ、名刺がわりにお渡ししているうちに、今ではもう全く手元に無くなってしまったとのこと。「こんなに長生きするのなら、その後に出会う人のためにもう少し作っておけば良かった」と、70代となった今嬉しい感想を述べておられます。

題名の漆黒の海は、「北の海は黒く、人を寄せ付けない冷厳さを有しているが、時には慈母のように優しかった」という忘れえぬ光景からきています。北の海に魅せられた海の男の息づかいが伝わってくる貴重な仕事の記録であり、体験記です。

自分史 ― 二人静の作品

二人静は編集工房オフイス河野のシンボルです。
静御前が舞う謡曲「二人静」に由来する多年草で、2本の花穂が寄り添うように白い花を咲かせます。

『家族のうた1』

高橋眞理子 著

家族への感謝にあふれた随想集
かけがえのない夫と歩んだ日々が消えずに残るならこんな嬉しいことはない。家族とそしてこれまで出会ったすべての人に感謝をこめて――。

編集 河野初江
体裁 四六判・並製
総342頁
2018年3月刊


『峠の向こうに―家族のうた2』

高橋眞理子 著

家族のうた1の続編
人生は峠のようなものかもしれない。ならば私はこれからも、峠の向こうを思い描いて登っていこうと思う。

編集 河野初江
体裁 四六判・並製
総324頁
2019年4月刊


生命()煌めいて』

丸野悦子 著

炎の夜、東京大空襲を生き抜いて
明るく輝くスカイツリーを見ていると、あの日、あの時、母と手をつなぎ、命からがら深川の町を逃げたことが夢のように思えてくる。町会全滅のなか、奇跡的に母と私の二人だけ生き残った一夜のことを、子供たちが知りたいという。戦後75年。令和の時代となり、次第に風化しつつある今、戦争で焼き尽くされる前、どんなに豊かで楽しい下町の暮らしがあったのか、そこから書いてみよう。

体験したものでなければ語れない東京大空襲の一夜を地図とともに再現するとともに、戦後の復興、はじけるような青春時代を通して生きる喜び、生命の尊さを伝えている。

執筆・編集 河野初江
体裁 四六判・上製
総152頁
2020年4月刊

オフィス河野作品

オフィス河野では、一人ひとりのスタイルにあった自分史を提案し、作成いたします。