『イヴまで待って-肺癌告知を受けて』

Pocket

 

生きて、自分史を書けることが最高の幸せ!
と教えてくれる

『イヴまで待って-肺癌告知を受けて』

『夕映えにシンフォニーを-肺癌闘病の日々の中で』

【データ】
著者 安田いづみ
出版 近代文藝社
サイズ 四六判 上製本

◆この2冊は、肺癌告知を受け、闘病むなしく56歳でこの世を去った著書の闘病記です。今日では癌は怖いものではなくなり、治るものという考え方が広がってきていますが、いづみさんの病いは、発見されたときにはすでに手術できないまでに広がっており、癌告知が余命宣告という厳しいものでした。

◆『イヴまで待って』は93年11月17日に始まり、『夕映えにシンフォニーを』は95年5月ホスピスにて、で終わります。誰よりも生きることを楽しんでいた彼女らしく、本書は闘病記とはいっても楽しかったこと、嬉しかったことにあふれています。

◆それだけに、『夕映えにシンフォニーを』のおわりに書かれている言葉、「治したい。治ってあの事も、この事もしたい。あの地へも行きたい。あの人にも会いたい。元気になっていつも心をわくわくさせ、目を輝かせて、何年も生きていたい」という痛切な叫びが胸を打ちます。

◆闘病中のいづみさんにとっては、こうして1年に1冊の記録を残すことが心の支えとなりました。だからでしょう。「4冊目、5冊目と重ねていくことが出来たら何と素晴らしいことだろう」とも書いています。家族はその後、多くの人に愛されたこの2冊の本をひとつにまとめ、『私らしく生きたい』(発行 銀河編集室 定価1800円)として再度出版しています。生きて、日々記録を残せることが「人生最高の幸せ」である!と私たちに教えてくれる作品です。

 


こちらの作品の他にも河野初江が「魅力的な自分史」の数々をご紹介します。

自分史ライブラリー